プリザーブドフラワーで暮らしに彩りを〜ギフトやプレゼント、作り方Top >  プリザーブドフラワー−作り方・キット >  プリザーブドフラワーのアレンジ

スポンサードリンク

プリザーブドフラワーのアレンジ

プリザーブドフラワーの基本的な知識をつらつらっと書いてみます!
歴史、呼び方、特徴、アレンジに使う道具etc を紹介していきます。

●まず!プリザーブドフラワーとは何?
ブリザーブドフラワー、プリザーブドフラワーと呼ばれていますが、意味は、「保存する、長持ちさせる」と言う意味です。“プリザーブドフラワー”って呼称が一般的です。フランスで1991年に誕生、1996年頃からプリザーブドフラワーは日本に輸入され始めました。最近は全国的に広まり、花屋、インターネットでも、簡単に手に入れることができます。

●プリザーブドフラワーの特徴は?
プリザーブドフラワーの一番の特徴は、ヤッパリ生花の水水しさを保ちつつ、長期間もつというところ。さらにケアは手軽で簡単に楽しめることです。ブリザーブド溶液というものを、生花に吸わせ作られているんで、一般的なドライフラワーとは全く違い、生花本来のフレッシュ感、ドライフラワーの手軽さ、長持ちする、っていった長所を全部兼ね備えているといえます。最近じゃこの魅力溢れる特徴から多くの人々から注目のお花です。

●ブリザーブドフラワーをアレンジするとき使う道具
○グルーガン
グルースティックって接着剤をあたため、細かい部位の接着に使う道具。
○フローラルテープ
ワイヤーを隠すことで、茎の雰囲気を表現する道具。
○ドライ用フォーム
アレンジの型によって選びます。
○ハサミ
フラワーデザイン専用のモノがベター。
○ワイヤー
使用目的によって太さを変えましょう!

テクラティタグ:   

スポンサードリンク

関連エントリー

プリザーブドフラワーで暮らしに彩りを〜ギフトやプレゼント、作り方Top >  プリザーブドフラワー−作り方・キット >  プリザーブドフラワーのアレンジ

Edit