プリザーブドフラワーで暮らしに彩りを〜ギフトやプレゼント、作り方Top >  プリザーブドフラワー−ショップ >  花キューピットのお話し、、、

スポンサードリンク

花キューピットのお話し、、、

母の日のことなんですが、、、
自分が20代の時には、50才以上の人を見かけると「おばあちゃんだな」って感じちゃってた。
さらには60才過ぎの人などは、、、
プリザーブドフラワーを母の日にプレゼントしてみました。
ほとんどの人が大阪、東京の方でしたが私は札幌なんです。
自分はこちらをオススメします★

大阪 靱本町にあるお花屋さん★
メッセージを花びらに入れられる、かなりオシャレなんです。

花屋をしている友人のことなのですが、「なんで花キューピットを使わないの?」と
よくお客さんに聞かれるそうです、理由はこう説明するとのことです、、、
「僕の花屋で\5,000の花束を見たお客さんが、コレを花キューピットで送って欲しい」
と言われたとします。当然ですが私の花屋で作った花束では無いわけです。
お客様の送る、送り先に近い花屋へ連絡が入り、そこが花束を作る、、、
そして届けるってシステムです。花キューピット本部の経費もかかかるし、
僕のところの手数料、花束を作った花屋の利益もあります。さらに大きいのは、札幌と東京ではお花の相場が全然違う時が多々あります。花屋のセンスってのは大きく違うことも多いです。最終的には¥5,000の花束が届くはずのものが、実際には届いたときには¥3,000程度かと思います。
これが、私の友人が「花キューピット」受けない理由だそうです。

テクラティタグ:   

スポンサードリンク

関連エントリー

プリザーブドフラワーで暮らしに彩りを〜ギフトやプレゼント、作り方Top >  プリザーブドフラワー−ショップ >  花キューピットのお話し、、、

Edit