プリザーブドフラワーで暮らしに彩りを〜ギフトやプレゼント、作り方Top >  プリザーブドフラワー−色々 >  プリザーブドフラワー−材料

スポンサードリンク

プリザーブドフラワー−材料

プリザーブドフラワーには、どんなお花が使われているのか紹介したいと思います。ブリザーブドフラワーに使うことのできるお花はそんなに多くありません。なかでも、プリザードフラワーの材料には2つのタイプに分けられます。花の類とと葉っぱの類です。葉っぱ類はとっても沢山種類がありますが、花はまだまだ開拓中というのが今の状況です。下記の花は、プリザーブドフラワーに使える花材の代表格です。

バラ、ラン、トルコキキョウ、スカビオサ、カーネーション、カサブランカ、ダリア
最近、花弁が薄くて壊れ易くても技術が向上して、ブリザードフラワーとして使える様になりました。今後も目覚しく花の種類が増えていくでしょう。そもそもプリザーブドフラワーとはどんなものなのか?それは生の花に、特殊な加工(ブリザーブド加工)をする事で、生花の新鮮さを長期間保てるお花です。着色料、薬品が使用されていますが、メーカーにより様々。オーガニックな、人体や環境に悪い影響を及ぼす材料は使っていません。プリザーブドフラワーはヨーロッパから広がり、1991年にフランスのベルモント社(Vermont社)が発表。『長寿命な切り花の製造技術』として注目を集めました。

スポンサードリンク

関連エントリー

プリザーブドフラワーで暮らしに彩りを〜ギフトやプレゼント、作り方Top >  プリザーブドフラワー−色々 >  プリザーブドフラワー−材料

Edit